気になる口周りのムダ毛を処理するには?

オス化する女子が増えている? ムダ毛と女性ホルモンの関係とは

近年は女性の社会進出が進み、男性と同じように一生懸命仕事をする、アクティブ志向の女性が増えていますね。
しかし、働く女性の中には、疲労やストレスが蓄積によって女性ホルモンのバランスが乱れ、婦人科系の病気にかかる人も増えています。
病気にならなくても、ホルモンバランスの乱れが原因で、ムダ毛や産毛が濃くなる人もいれば、薄毛が目立つ人もいるようです。
このような症状は女性のオス化・男性化現象とも呼ばれ、話題になっています。

 

女性がオス化する原因として、ホルモンバランスの乱れ以外にも、環境ホルモンの影響や無理なダイエットなどが考えられます。
とくに更年期にさしかかると、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が著しく低下して、男性ホルモンの働きが優位になることもありますので、注意が必要です。

 

鼻の下、口の周りはとくに男性ホルモンの影響を受けやすいため、男性ホルモンの分泌量が増えると、産毛が濃くなり、口ひげが生えたようになることもあります。
もちろん体質により個人差がありますが、顔のムダ毛は、男性ホルモンの影響が表れやすいということを知っておく必要があります。

 

鼻の下の産毛を自分で剃る方法

鼻の下の産毛を剃る場合、凸凹があるのでT字型の大きなカミソリは使いづらいものです。
カミソリで剃る場合は、L字型のヘッドが小さいタイプのカミソリを用いると、キレイに剃ることができます

 

しかし、使い慣れていないと肌にダメージを与える可能性もあるので、気になる人は顔剃り専用の電気シェーバーを1つ揃えておくと良いでしょう。
顔剃り専用の電気シェーバーの使い方は簡単で、産毛を剃る箇所の肌に刃先を軽くあてて、滑らせるだけ。
肌にダメージを与える心配もほとんどなく、スピーディーにムダ毛処理ができます。
眉カバーや眉のお手入れが出来るコームが付いたタイプの電気シェーバーも販売されているので、顔の産毛とともに眉毛のお手入れをしたい人におすすめです。

 

ただし、注意点をひとつ挙げておくと、顔の産毛を頻繁に剃ると、肌の角質層を刺激してダメージになる場合があります。
ムダ毛処理の頻度は3週間に1回ぐらいがベストなので、これ以上回数を増やしたり、同じ箇所を何度も剃らないようにしましょう
「鼻の下のムダ毛処理をしてもすぐにまた生えてくる」「ムダ毛が濃くて目立つので、3週間に1度ぐらいではとても間に合わない」という場合は、ムダ毛を剃る前後にクリームをしっかり塗って、肌への負担を軽くしましょう。ムダ毛処理をしたあとの肌は、敏感になっているので十分な保湿ケアも忘れずに

 

美容クリニックでの顔脱毛ついて

顔剃りやシェービングなどのムダ毛処理が面倒な場合は、美容クリニックで鼻の下や口の周りなどの顔脱毛が可能です。
「鼻の下のムダ毛を処理した後、しばらく時間が経つと毛が生えてくるので気になる」という人は、クリニックで永久脱毛の施術を検討してはいかがでしょうか。

 

クリニックでは、医療用レーザー機器による脱毛法が主流です。
レーザー脱毛はメラニンが濃い部位に強く反応するため、毛質や肌質によっては痛みが感じられることも
痛みが気になる人は、カウンセリングで相談すると、痛みを緩和するための処置について配慮してもらえるので、相談すると良いでしょう。