全身脱毛の技術とケアについて

現在ではエステサロンや美容外科を利用して全身脱毛の施術を受ける事が可能となっており、個人でムダ毛処理を行うよりも効率的かつ専門的な技術が用いられる点でメリットがあります。

 

普及している脱毛技術は主にフラッシュ方式もしくは医療レーザーを用いたものに分類され、後者は脱毛効果が高い反面で肌への副作用も大きくなる傾向があるので、肌質が弱い人は前者のフラッシュ方式を選ぶのが賢い選択と言えるでしょう。

 

全身脱毛プランの多くはある程度の長期期間を考慮して施術回数や価格が設定されており、可能な限り永久脱毛に近い状態を実現できるよう、施設ごとの配慮が行われています。
しかし、施術を受ける前に個人でムダ毛処理を行ってしまうと、脱毛技術の効果が正常に得られなくなる可能性もある点に注意しておく必要があります。
その理由として、フラッシュ方式及び医療レーザーによる脱毛は、毛根部分の発毛細胞を破壊して新たな毛が生えないようにする技術であり、照射する光は毛が持つ黒い色素に対して集中する性質を持っている為、毛抜きなどで処理をしてしまうとうまく脱毛できない結果となります。

 

また、特に医療レーザー脱毛を受ける際には施術前後の肌ケアが大切で、できるだけ日焼けや肌荒れを起こさないように注意しておくと同時に、施術後は保湿を十分に行って乾燥を防ぐ必要性があります。

 

これらの知識は全身脱毛においても同様で、脱毛箇所に関係なく肌状態に合わせた適切なケア方法が求められます。
全身脱毛では比較的肌の弱い部分も脱毛する事になる為、予め相応の経験と技術力を持った施設を選別しておき、担当者へ安心して任せられるような状況を作っておく事が大切と言えるでしょう。